カメラの魅力

sonyの一眼レフについていたn50で撮影し続ける

お下がりの一眼レフのデジタルカメラをもらったのだが、さっぱりわからない。そこから私のカメラ生活ははじまりました。標準レンズのn50というものももらったので、それで色々なものを撮って楽しむというのも面白かったです。

ですが、やはり素人なのでわからないことばかり、突然困った状態になることもありました。

そんなカメラ生活について伝えたいと思います。

→一眼レフカメラのl型プレートとは?特徴やオススメな理由をご紹介!

写真を撮る面白さい夢中になっていく

一眼レフのデジタルカメラなんて、それまでまったく触れたこともなければ興味もありませんでした。写真は携帯か普通のカメラで十分という感覚の持ち主であり、写真ではなく自分の目で記憶に残したいと考えることが多いからです。

ですが、お下がりでもらった一眼レフのデジタルカメラを使うようになってからは、きれいなものを写真として残すのもいいなと思い始めました。家族の笑顔や旅行の思い出、子供たちがこれから経験していく何かを写真とい形にすることが出来るのはいいです。

はじめは適当に撮り始めました。景色や目についたもの、子供たちや家族、小さな花や犬や猫、様々なものを写真として残していくことで、自分撮りたいものや撮れるものがわかってきました。sonyのカメラについてはやはり詳しく調べてもわからないのでそのままですが、写真を撮ることの楽しさは感じるようになってきたと思います。

一眼レフなので機能はたくさんあるのでしょうが、そんなものは適当です。n50という言葉もよくわからなくて、とにかく撮ってみようという思いしかありません。残したい、撮りたい、面白いと思ったものを片っ端から撮っていくのです。

写真を撮ることの面白さ、楽しさに気が付きました。

n50が標準レンズということはわかった

デジタルカメラとはいえ、sonyの一眼レフなんてすごいものをお下がりでもらってしまった、と思いました。ですが、一眼レフの使い方を調べようという意識がまったく出ないところが素人だなと今考えると思います。現在はほんの少しだけカメラについてわかるようになってきましたが、それでもまだまだ知らないことが多く、面白い話などを聞くとカメラについて訊いてみたくなります。

一眼レフカメラの標準レンズであるn50のことも、実は今で理解していません。感覚だけで写真を撮るというクセはまったく改善していないので、面白くて残したいもの、きれいで見せたいものを探すことに夢中です。標準レンズは広角レンズと望遠レンズの中間にあるもの、というのはわかりました。

50ミリ前後の焦点距離を持つレンズなので、人が見たものに近い写真を撮ることが出来るということです。難しい、となってしまうのはカメラについて素人だからで、プロや慣れている人はこんなことは常識なんだろうなと感じます。

色々と調べてみると、初心者には使いやすいレンズなのでおすすめ、ということがわかりました。お下がりのデジタルカメラは、購入したあときに付属していたものをそのままよこされたということがわかって「おまけはないの?」という感じもします。

ただなので、仕方がないですが撮り始めると気になるものがたくさん出てくるものです。

レンズのせいじゃない!なぜか画面がずれたりぼやけたりのトラブル

デジタルカメラの種類は、ソニーのαというものだそうです。ですが、説明書を読んでもやっぱりよくわからないし疲れる、ということで、カメラに詳しい人に訊いてみました。使い方はシンプルだけれど、撮影の仕方ひとつで写真には良し悪しが出るということでした。

例えば、n50は標準レンズなので日常生活や景色、小さなものから大きなものまで撮影しやすいということです。私が持っているデジタルカメラにあったレンズを使っているので、撮りたいものを撮るだけでいい、後はデジタルカメラに設定してある機能がきちんと補助をしてくれるから、ということです。

ところが、あるときレンズの様子がおかしくなったのです。写真を撮っていると妙にぶれたり、画面がずれたりといったことがあって困ってしまいました。説明書を見てもわからず、どうしたらいいのだろうかと不安になっていたところ、ネットで同じような悩みを持った人がいたのでその人のものを参考に調節してみることにしました。

sonyのカメラで標準レンズのn50に問題があるわけではなさそうなので、カメラ本体をみてみることにしたのですが、やはり素人にはさっぱりです。

同じ悩みを持った人に答えてくれている人いわく、「手ブレ補正を切っても同じならサポートセンターへ」ということなので、一度訊いてみることにしました。

興味がなかったカメラを早く使いたいと思うようになっていた

sonyのデジタルカメラの一眼レフについてサポートをしてくれるところに確認したところ、撮像素子を動かす手ぶれ補正用のスタビライザーというものが故障している可能性がある、ということでした。説明をされて「つまり機械の調子が悪くなった」ということだろうとは思いましたが、それでどうすればいいんだろうと不安になりました。

修理に出して直すべきなんだろうけれど、お金がかかるなと思ってしまったのはご愛嬌です。お下がりとはいえ大切なカメラ、きちんと修理してもらうことにしました。一律料金での修理になるそうですが、しっかりと直してもらってまた使えるようになってほしいです。

現在は戻ってきていますが、デジタルカメラの一眼レフ、n50といわれてもさっぱりだった私が、カメラを早く使いたいと思うなんてあの頃には想像出来ませんでした。一眼レフといってもピンキリで、高額なものは本当に手が出ないほど高額なものもあると聞いたことがあります。

そんな高額なものはもったいないと思っていたのに、修理費をかけて直してまた使いたいと思えるものに出会えたのは、とても嬉しいです。撮りたいものを撮って、いつか賞がもらえるようなものを撮影したいな、と今では考えています。

残したいものを残せる幸せ

デジタルカメラだけではなく、最近では携帯やスマホのカメラでも撮影することが増えました。子供たちや家族の姿、きれいな景色以外にも食事の記録や面白いものを見つけたときに忘れないために利用したいと考えたからです。

子供たちの写真を撮ると、いつかこの子たちが大きくなったら見せたいなと思うし、家族の思い出を残して色々な話をしたいと思うようになりました。n50というレンズしか持っていないのでプロのように高い技術がなければ立派なものは撮れないでしょう。

でもそれでいいかなと思います。私が残したいものを残せるのは、とても幸せなことだと思うようになったのは、このカメラのおかげです。

Scroll To Top